すむじまるのぶろぐ

音楽好きの夫婦、スムジとマルです。2人が音楽、酒、料理、本、ガジェット、アウトドアについて書いていくブログです。

那覇から船で20分!手軽に行けるナガンヌ島が南国感満載で良かったという話

f:id:sumuji-maru:20180526220832j:plain

ゴールデンウィークに沖縄に行きました、という話をこの間書きました。

sumuji-maru.hatenadiary.jp

 

その旅行の中で、ナガンヌ島という離島に行きました。

とても素晴らしい所でしたので、改めて紹介したいと思います。

 

ナガンヌ島がある場所

ナガンヌ島那覇市の西側15㎞のところにある無人島です。

 

泊港という港から定期的に船が出ていて(要予約)、揺られること約20分で行くことができます。

www.nagannu.com

f:id:sumuji-maru:20180526214630j:image 

どんな所か?

島を一周しても30分かからないんじゃないかというぐらいの小さくて細長い島です。

とにかく砂浜が白い!海が透き通っている!遊泳区域内の海にも色んな種類の魚が泳いでいるし、ヤドカリもなんかいっぱいいる!

https://www.instagram.com/p/BiwwsU7AXnz/

#沖縄 #ナガンヌ島 #japan #okinawa #beach #seascape #beautiful

f:id:sumuji-maru:20180526215042j:plain

よく絵に描いたような南国世界がそこには広がっていました。 

f:id:sumuji-maru:20180526214525j:image

船に乗り降りする桟橋もフォトジェニック感ハンパなしです。

6月にはウミガメの産卵も見られるとか!

 

島内の設備とか

無人島とは言え、スタッフは常駐していて、トイレも常設で清潔さが保たれています。

食事は海の家的なレストランがありますので、そこでできます。

 

時期にもよるようですが、我々が行ったGWの時期はプランの中にカレーのチケットが込みになっていました。追加オーダーはできるので、カレー食べたあとポテトとビールでこの日の1stアルコールをキメました。

f:id:sumuji-maru:20180526214608j:image

 

また、レンタルも用具がいろいろ揃っていて、パラソル、イスからシュノーケルまで一通りあります。

島への持ち込みがけっこう制限されているため、基本必要なものはレンタル品を使用する事になるでしょう。

www.nagannu.com

 

アクティビティについて

アクティビティはダイビングやシュノーケリング、バナナボート等の有名どころが揃っています。

www.nagannu.com

我々はシュノーケリングに参加しました。

f:id:sumuji-maru:20180526220442j:plain

ボートで少し沖の方へ行き、サンゴ礁のあるポイントで3〜40分ぐらい海中散策です。

 

足のつかない深さの海に入るのは初めてだったので少し緊張しましたが、もちろんライフジャケットを付けているので沈むことはありません。

f:id:sumuji-maru:20180526220603j:plain

プカプカ浮きながら海中を泳ぎ回る魚達を見て心が癒やされました。

 

まとめ

自分たちの宿から近い港から行ける、ということで選んだこのナガンヌ島でしたが、想像していた以上の南国感でした。

那覇周辺のビーチも十分南国ですが、さらに一手間(船)加えることでより一層の充実感を味わうことができます。

もうすぐ夏もやってきますので、ナガンヌ島を計画の中に入れてみるのはいかがでしょうか!?

よろしくおねがいします!