すむじまるのぶろぐ

音楽好きの夫婦、スムジとマルです。2人が音楽、酒、料理、本、ガジェット、アウトドアについて書いていくブログです。

IKEAのスマート電球「TRÅDFRI」で就寝前のストレスが激減した

こんにちは、すむじです。

これのおかげで毎夜のストレスから開放されました。

 

f:id:sumuji-maru:20180701172209j:image

 

 

 このスマート電球TRÅDFRIはIKEAから発売されたリモコンで操作できる電球で、電気のON/OFFはもちろん、明るさや色(暖色→蛍光色)も変更することができます

 

f:id:sumuji-maru:20180701172232j:image

 リモコンの操作方法は簡単で、真ん中がライトのON/OFF、上下が明るさ調節、左右で色温度の調整です。

 

僕は寝る前に布団に寝転がって本を読むのが日課なのですが、読み終わってさて寝るかというときに、今までは電気を消す為にわざわざ立ち上がってスイッチを押さなければなりませんでした

 

そんなことで面倒くさがってんじゃねーよという話かもしれませんが、毎日これをやっていると少しずつストレスもたまっていくんですよね。

 

しかも本を読んでるとだんだん眠くなってきて、そのタイミングで寝ようとなるんですけど、その眠気で立ち上がるのはけっこうなエネルギーを使うのです。

できればそのまま寝転がった状態で電気を消す方法が無いかと考えていたので、TRÅDFRIは僕にとってぴったりの製品だと思い購入しました。

 

電気の明るさを変えられるのもけっこう便利です。通常時は明るくしておいて、寝るときには暗めにする、ということもできるからです。地味ですが地味に便利です。

 

あとTRÅDFRIを選んだ理由としては価格の安さもあります。

 

スマート電球の先駆者としてHueがあります。

 

こちらはスマホで操作できたり、色もフルカラーであったりと機能が多彩ですが、それゆえにお値段が高めなんですよね。ブリッジと電球で1万円ぐらいします。

 

TRÅDFRIはそれほど機能はありませんが、その代わり値段がリーズナブルです。

リモコンとあわせても2,999円です。失敗しても痛手にならない価格です。

 

インターネットにつながるわけではないので、「スマート」と言っていいのか分かりませんが、無線で操作できるので、今流行りのスマートリモコン「Nature Remo」などとも連携できそう=スマホでも操作可能になりそうですね。

どうやらHueのブリッジとも連携はできるようです。

 

まだスマートリモコンは持っていないので、買ったらGoogle Homeとも連携させたりしてと夢が広がりそうだし、これを機に買ってみようかなと思ったりする次第です。

 

ひとまずは付属のリモコンを使っていますが、この時点でも非常に便利ですので、寝る前の読書→就寝の流れは劇的に改善されました。

 

いやしかし便利な世の中になったもんだとつくづく思いますね。これもIoTの恩恵と言うやつなんでしょうか。

 

これからもちょっとした不便を解決してくれるような製品が出てくれることを心待ちにしたいと思います。

 

よろしくおねがいします!