すむじまるのぶろぐ

音楽好きの夫婦、スムジとマルです。2人が音楽、酒、料理、本、ガジェット、アウトドアについて書いていくブログです。

折りたためる自転車みたいな電動バイク、ハイブリッドバイクに乗ってみたい...!

こんにちは、すむじです。

ついポチってしまいそうになりましたが、ギリギリで踏みとどまっています。

 

readyfor.jp

 

一見普通の折り畳み自転車のように見えて、電動バイクとしても使えるのです。

最大時速は30km/h、満充電で40kmほど走れるそうです。

 

原付バイクとして使うのは少し物足りないかもしれませんが、近場にちょっと行くみたいな目的だったら十分ですよね。

 

バッテリーで動くのでガソリン代もかからないし、一回の充電でかかる電気代は約4円とのことなので、気兼ねなく乗り回すことができます。

 

折り畳みもできるので、車に乗せて旅行先で使うなんてことも可能です。

 

実は数か月前にクロスバイクを盗まれてしまい、当然のごとく戻って来ないので、うっすらとまた自転車を買いたいなぁと思っていたので、このハイブリッドバイクにはかなり惹かれています。デザインもなかなかかっこいいですしね。

 

ただ、電動バイクの機能があるので法律的に車道しか走れないんですよね。たとえバイクの機能を使わずに自転車としてペダルをこいだとしても。

 

あとヘルメットも着用が義務となります。

あ、もちろん原付の免許も必要です。

 

なんか書いてて、「あれ?自転車の機能使うタイミングなくね?」と思ってしまいました。

 

あるとしたら、バッテリーの残量が空になってしまったときぐらいか...

 

きっと自転車用のヘルメットでは違反になってしまうので、バイク用のヘルメット付けて自転車をこいでいる姿は割とシュールになってしまいますよね。

 

やっぱりこの電動バイクまわりの法律ってどうにかならないんですかね?

時速30km/h以下しか出せない電動車に対しては規制を緩めるとか...

 

じゃないとこのような電動バイク兼自転車とか、電動スケートボードとか、そういう製品が最近どんどん海外からも出てきていますけど、せいぜい公園とかでしか使えないじゃないですか。

 

その辺が使いやすくなるような法律になっていったら、この界隈のスタートアップベンチャーなんかも増えてきて、もっと面白い電動系乗り物が登場するんじゃないかと思ったりするんですけどね。

 

海外の法律ってどうなってるんだろう...?その辺も調べたらまた書きたいと思います。

 

ちょっと話がそれましたが、折り畳みの電動バイクとして使うのは全然ありなので、今週末じっくり悩んで買おうかどうか決めたいと思います。

よろしくおねがいします!