すむじまるのぶろぐ

音楽好きの夫婦、スムジとマルです。2人が音楽、酒、料理、本、ガジェット、アウトドアについて書いていくブログです。

マンガレンタルの需要はまだあると思うんだけどな 〜最寄りのTSUTAYA閉店に寄せて〜

先日ついに我が街からもTSUTAYAがなくなってしまいました。

 

前からTSUTAYAがどんどん閉店しているという話は知っていましたが、遂に自分の住む街もか...という思いです。

 

ascii.jp

 

まあ今のご時世、音楽も映画もネットのストリーミングサービスで視聴できてしまうのですから、需要は無くなってきているわけで、そういう意味では潔かったのかなとも思います。

 

ただ、無駄を承知でひとこと言っておきたい。「僕はまだ利用してましたよ」と。

 

週一で行ってましたよ、と。

 

 

週一で何を借りていたかというと、マンガです。

 

TSUTAYAではマンガレンタルを扱っている店があり、僕の最寄りはその店舗に該当していました。

 

品揃えは少年誌・青年誌・少女マンガの有名どころが揃っている感じで、きっとマニアな方には浅すぎるラインナップなのかもしれませんが、その辺りを好んで読んでいるライト層の僕にはちょうどいい品揃えでした。

 

レンタル料は1週間で100円です。

レンタルとして高いのか安いのかは良く分かりませんが、少なくとも今まで興味あったけど買うまでいかなかったマンガに手を出すには、丁度いい額でありました。

 

ということで気になったマンガを次々と借りては読むを1週間おきに繰り返していたのです。

 

そしたらこれですよ。閉店。

 

店前に貼られた閉店の紙を見たときの絶望感といったらもう。

 

まだ、見たいマンガいっぱいあったのに...何故閉店してしまうんだと!

 

せめてマンガ部門だけ残してくれないだろうか...?

 

なんて、それは僕のエゴですね。

 

いやしかし、これからどうしようか。

 

物理(紙の本)を買うというのが一番手っ取り早いですが、レンタルサービスによって僕の読むマンガのタイトル数は以前より格段に増えてしまったので、それを全部買うのは自らの経済力を考えると現実的ではありません。

 

こんな時にマンガの定額制ネット配信サービスを使えば良いんだ!と思いましたが、調べてみるとどうも品揃えが良くない

 

というか読みたいマンガが全部揃っているところが無いので、いろいろなサービスを別個で登録しなくてはならないというのが現状のようです。

 

漫画村の騒動の時にも言われていましたが、早いところレーベルの垣根を越えたマンガ読み放題サービスのプラットフォームを作って欲しいものです。

 

それに対してTSUTAYAのマンガレンタルは出版社(たぶん)関係なく、有名どころやアニメ化されたりとかで話題になっているマンガを取り揃えてくれていたので非常によかったんですけどねぇ。

 

おそらく僕と同じように残念に思っている人はけっこういるんじゃないでしょうか?

 

漫画村みたいなプラットフォームが合法な形で整ったら、その時はもうレンタルは必要なくなってしまうかもしれないわけですが、現状ではマンガに関してはレンタルの需要はまだあるのではないかと思うんですけどね。

 

いやしかし100円だからなぁ...利益にならないんだろうなぁ... 

 

よろしくおねがいします!