すむじまるのぶろぐ

音楽好きの夫婦、スムジとマルです。2人が音楽、酒、料理、本、ガジェット、アウトドアについて書いていくブログです。

音楽ストリーミングサービスを使い始めてから、好きなアーティストが答えられなくなった

こんにちは、すむじです。

 

Apple Musicを使い始めてから早3年、もはやそれ無しでは音楽生活が送れないぐらいどっぷり浸かってしまっている今日この頃です。

 

このような音楽ストリーミングサービスが登場してから、音楽を聴くスタイルが大きく変わったという方も多いのではないでしょうか。

 

僕もその中の一人で、CDを買って聴いていた頃とは明らかに違う生活を送るようになりました。

 

どんな変化が起こったのか、今回はそれを書いてみようと思います。

 

ストリーミングサービスで音楽に埋もれる

今さらこのストリーミングサービスについて説明する必要はないかもしれませんが、月額1000円以下ぐらいの料金を払うことで、そのサービスと提携しているミュージシャンの楽曲が聞き放題になるという、音楽好きにとってはとてもお得なサービスです。

 

Apple MusicやSpotify、Line MUSICなど数多くのサービスが現在存在しており、それぞれで提携しているアーティスト等に特色があるみたいですが、基本的に聴けるアーティストの数はどこも多く、あの曲も聴いてみたかった、このバンドも気になっていた...と今までCDを買うまでには至らなかった曲についてもどんどん手を伸ばすことができるようになりました。

 

そして、それを繰り返しつつ、その派生バンドやジャンルを漁るなどしていると、あっという間に大量の音楽に埋もれていきます。

 

最近聴いてる音楽は何?に答えられない

上記のような聴き方をしていたら、あまり特定のアーティストの曲を何度も聴かなくなってしまいました。

 

以前(CDを買っていた時期)は、曲名や曲順を覚えられるぐらい一つのアルバムを何度も聴いていたのですが、今はよっぽど気に入らないと曲名すら覚えようとしなくなりました。

 

この前「最近どんな音楽聴いてるの?」と聞かれたときに、本当に特定の曲やアーティストが思い浮かびませんでした

 

あまり音楽を聴かない人から聞かれたから言葉に詰まったわけではなくて、ある程度共通のジャンルを聴いてきた友人の質問に対してだったので、自分自身に対して少しショックを受けました。

 

1曲に対する思い入れが薄くなっていく

以前より音楽を聴かなくなったわけではなく、むしろより多くの曲を聴くようになったにも関わらず、好きなジャンルやアーティストが絞られていかず、逆にフワッとしてしまう現象。これは誰しもが通る道なのでしょうか。

 

恐らくこれからもこの便利すぎるストリーミングサービスから離れることはあるはずもなく、今まで通りこのつまみ聴きスタイルを続けていくことになるでしょう。

 

そして続けていけばいくほど、各アーティストの作った1曲は、僕の中では今まで聴いた何千分の1、そしていずれ何万分の1曲となりさがり、CDを買って聴いていたあの頃と比べて曲に対する思い入れみたいなものはどんどん薄れていくのでしょう

 

とくにまとめとか無いのですが…

Apple Musicでひたすらつまみ聴きしたらこうなりました、という話でした。

 

今後どうなっていくのが良いとかは正直分かりませんが、ストリーミングサービスには非常に満足しているので、あとは使い続けてなるようになれ、という感じですね。

 

僕と同じような状態になっている人がどれくらいいるかは分からないですが、映画や漫画といい、エンタメコンテンツは軒並みストリーミングサービスに移行していっているので、それらの消費のされ方はこれからどうなっていくのかなぁ、とちょっと思ったのでした。

 

よろしくおねがいします!